SFP +トランシーバ、10Gbpsの1310nmの40キロ

SFP+ Transceiver,10Gbps 1310nm 40Km

SFP +トランシーバ、10Gbpsの1310nmの40キロ

カテゴリー: タグ:
  • 説明
  • 問い合わせ

40KM SFP+ ER Optical Transceiver

 

特長

        SFP+ transceiver Compliant with SFF-8413 and IEE802.3ae

         Data rate selectable ≤4.25Gbps or 9.95Gbps to 10.3Gbps bit rates

         Cooled EML transmitter and PIN receiver

         link length up to 40km

         Low Power Dissipation 1.5W Maximum

         -5ºC to 70ºC Operating Case Temperature

         Single 3.3V power supply

         Diagnostic Performance Monitoring of module temperature, supply

Voltages, laser bias current, transmit optical power, receive optical power

         RoHS compliant and lead free

 

Applications

         10GBASE-ER/EW (with/without FEC)

         10G Fiber Channel (with/without FEC)

 

説明

SFP+ER Transceiver is designed for 10GBASE-ER/EW, and 8.5G/10G Fiber- Channel applications.

The transceiver consists of two sections: The transmitter section incorporates a colded EML laser. And the receiver section consists of a PIN photodiode integrated with a TIA. All modules satisfy class I laser safety requirements. SFP+ER Digital diagnostics functions are available via a 2-wire serial interface, as specified in SFF-8472, which allows real-time access to device operating parameters such as transceiver temperature, laser bias current, transmitted optical power, received optical power and transceiver supply voltage.

 

絶対最大定格

パラメーター 

シンボル

ミン

マックス

ユニット

供給電圧

Vccを

-0.5

3.8

V

保管温度

TST

-40

85

ºC

Relative Humidity

Rh

0

85

%

操作条件

パラメーター 

シンボル

ミン

典型的な 

マックス

ユニット

供給電圧

Vccを

3.13

3.3

3.47

V

Supply current

Icc

360

450

ミリアンペア

Operating Case temperature

Tca

-5

70

ºC

Module Power Dissipation

Pm

1.2

1.5

W

注意事項:

[1] Supply current is shared between VCCTX and VCCRX.

[2] In-rush is defined as current level above steady state current requirements.

 Transmitter Specifications – Optical

パラメーター 

シンボル

ミン

典型的な 

マックス

ユニット

中心波長

lc

1530

1565

NM

Optical Average Power

ポー

0

+3

dBmの

Optical OMA Power

Pom

-2.1

dBmの

Side Mode Suppression Ratio

SMSR

30

デシベル

Optical Transmit Power (disabled)

PTX_DISABLE

-30

dBmの

消光比

ER

8.2

デシベル

RIN21OMA [1]

-128

デシベル/ Hzの

光リターン損失の許容範囲

21

デシベル

注意事項:

[1] RIN measurement is made with a return loss at 21 dB.

 

Transmitter Specifications – Electrical

パラメーター 

シンボル

ミン

典型的な 

マックス

ユニット

データレート

MRA

10.3

11.3

Gbpsの

Input differential impedance

Rim

100

Ω

差動データ入力

VtxDIFF

120

850

mVの

無効に電圧を伝達

VD

2.0

VCC3 + 0.3

V

電圧を有効に伝えます

ヴェン

0

+0.8

V

無効にアサート期間を送信

VN

100

米国

 

レシーバー仕様 - オプティカル

パラメーター 

シンボル

ミン

典型的な 

マックス

ユニット

入力された動作波長

λ

1530

1565

NM

平均は、電力を受け取ります

-1.0

dBmの

OMAでのレシーバ感度

-14.1

dBmの

[1] OMAにおける受信感度を強調

-11.3

dBmの

最大入力パワー

RX-過負荷

-1

dBmの

反射率

RRX

-27

デシベル

信号損失アサート

-25

dBmの

LOSディアサート

-16

dBmの

LOSヒステリシス

0.5

デシベル

注意事項:

[1] BER = 10のための適合性テスト信号で測定–12。 表中のストレス感度値は、CDR回路の影響を含むシステムレベルのBER測定のためのものです。 コンポーネントレベルの測定が行われた場合には、少なくとも0.4デシベルの追加マージンを割り当てることが推奨されます

CDR回路の影響なし。

レシーバー仕様 - 電気

パラメーター

シンボル

ミン

典型的な 

マックス

ユニット

データレート

MRA

10.3

11.3

Gbpsの

差動出力スイング

VoutがPP

350

850

mVの

立ち上がり/立ち下がり時間

TR / Tfと

24

PS

信号-Assertedの喪失

VOH

2

VCC3 + 0.3〜

V

信号-Negatedの喪失

VOL

0

+0.4

V

ピンの説明

ピン

シンボル

名前/説明

1

VEET [1]

トランスミッタグラウンド

2

TX_FAULT [2]

トランスミッタの障害

3

Tx_DIS [3]

トランスミッタを無効に。 レーザ出力はハイまたはオープンで無効に

4

SDA [2]

2線式シリアルインタフェースデータライン

5

SCL [2]

2線式シリアルインタフェースクロックライン

6

MOD_ABS [4]

モジュールの不在。 モジュール内の接地

7

RS0 [5]

オープンまたはLow =モジュールは≤4.25Gbpsをサポートしています。レート選択のためのRS0

高い=モジュールは10.3125 Gb /秒に9.95 Gb /秒をサポートしています

8

RX_LOS [2]

信号表示の損失。 論理0が正常な動作を示しています

9

RS1 [5]

接続なしは必要ありません

10

ヴィール[1]

レシーバ・グラウンド

11

ヴィール[1]

レシーバ・グラウンド

12

RD-

レシーバ反転データアウト。 AC結合

13

RD +

レシーバのデータ出力。 AC結合

14

ヴィール[1]

レシーバ・グラウンド

15

VCCR

受信機の電源

16

VCCT

トランスミッタの電源

17

VEET [1]

トランスミッタグラウンド

18

TD +

。AC内の送信データを結合します

19

TD-

。ACにおけるトランスミッタ反転データを結合します

20

VEET [1]

トランスミッタグラウンド

注意事項:

[1]モジュール回路接地は、モジュール内のモジュールシャーシグランドから絶縁されています。

3.15Vand 3.6Vの間の電圧にホストボード上10Kオーム - [2] 4.7Kでプルアップされ.should。

[3] TX_DISABLEはモジュール内部VCCTに4.7kΩのに10kΩのプルアップと入力接点です。

[4] Mod_ABSをSFP +モジュールでVEET、またはヴィールに接続されています。 SFP +モジュールは、ホストスロットから物理的に存在しない場合kΩ.Mod_ABS〜10の範囲で抵抗でVcc_Host 4.7kΩのこの接触を引き上げることができるホストは「High」にアサートされます。

[5] RS0及びRS1は、モジュールの入力であり、モジュールで> 30個のkΩの抵抗でVEETにローにプルされます。